読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本はたまに読んでます。

ビルゲイツは寝る前のルーティンとして読書してるんだそうで、ならばわたしも寝る前に読もうとちょぼちょぼ読む努力をしてます。(サボることもしばしば)論文読む方が正しいのかもしれないけど夢の中でまで実験したくないしなあ‥起きて光学系が出来上がってるなら良いのだけど。でも夢の中なら何本導波路焼いたところで絶望に浸ることはないのだな‥一長一短ですね(何が)

 

読書は昔から好きで、色々読んでるし贔屓の作家さんもいます。

その時々で好きな作家さんも変わったりするのですが(だからといって嫌いになるわけではなくて、好きな作家さんがどんどん増えてく感じ)、1人だけ、揺らがずに大好きな作家さんがいます。

 

明言はしません

(調べればバレるけど)

 

その作家さんのWeb対談みたいなので知った本があって、彼女が好きだって言うからどうしても気になってしまって買って読んでみました。今日読み終わった。

shoten.kadokawa.co.jp

文章は好きになれなかったなあ‥

でももう一作品だけ(彼女が勧めてた本)は読みたい。

文章は好きになれなかったんだけど、内容は引き込まれるしうううってなるし、今のわたしに他人事と思わせないストーリーで途方に暮れてしまっています。

これで2人がプラトニックだったら最高だったんだけど。おいおい寝るなよ‥て言いたい。寝たら完全にクロじゃんね。

(手が滑りました)

 

終わりが見えてる関係の儚さと、与えられた時間を精一杯楽しんで、充実させて、たまにふっと素に戻ってしまう描写はとても良かった。それに、心情やセリフにすごく心掴まれる、響く表現や言葉がたくさんあった。

また読み返したい作品でしたね。

 

若いうちは、がむしゃらにやっとけってことなのかなあ。

見えてるリミットを心配するより、与えられた時間を精一杯生きるべきなのでしょうね。そりゃそうだわね。

広告を非表示にする