読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

離れること

※元気です

 

去年の3月ごろ,すべてに耐えられなくなった時期があった

やらなきゃいけないことが自分のキャパを超えていて,一つ切り捨てようと決めてたくらいに余裕をなくしていた(結局切り捨てずに乗り越えたけど)

余裕をなくしていたからということもあるだろうし,本当にDに進学する決断をしたし2月末に決定をしてしまっていたからこそいざ目の前に進学の時期が迫って来ると「本当にこれでいいの?」とも思っていた

これを読んでる人の多くは知ってることだろうけどわたしはもともと就職のつもりでいて,就活を最後までやりきってなんだかんだでやりたいことができる会社に入ることが決まっていたのに,9月末くらいにころっと気が変わって辞退してしまった(色々あって辞退したのは11月末だけど)

あのまま普通に何も考えずに就職していれば,いわゆる普通の社会人になっていただろうと思う それはそれで楽しかったと思う わたしなんでも楽しめる人間だし それに多分通勤に自転車は使わないからあんなケガをすることもなかったと思う

なんにせよ,辞退してしまったものを元に戻すことはできないし,決まった進学をやめることもできないし,教員として働くことも決まってたのもやめることはできなかったからどうしようもなかったんだけど,それでも見えない未来に飛び込むことに急激に不安になっていた

そんなときに,自分の身近にいた仲間が自分の近くから離れてしまうことになって,今になって思うと多分それが引き金だったんだろうけど,目の前にあること全てに耐えられなくなった 普段は気づかなかったけど離れてやっと大事な存在であることがわかるってこのことを指すんだと思った つかづ離れずの距離にいることがわたしの中では支えになっていたんだと思う 直接支えてもらったとは思ってなかったけど(失礼)

自分はメンタルがそれなりに強いと思っていたから予想していなかったくらい精神的に参ってしまった(あくまで自分の中での評価ね)

結局,数日休息をとることで乗り越えたし,今は未来が見えなくともただただ今を生きていればいいって思ってるから当時抱いていた不安に関しては今はなんとも思ってない

 

それでも,また近いうちに別れの季節は来る

 

今年は,耐えられるかな  って今から心配になってる 耐えなきゃね

今年は,耐えられるように,今から少しずつ自分から遠ざけてみたりしてる

そばにいた存在を,付かず離れずにして,最後にふっと離れてしまえばきっと耐えられるって思っている

先走りすぎ?とか今を生きることに矛盾してる?とか思うけど,耐えられなかったらどうしようっていう心配の方が大きいからどうしようもないな,まったくもう

広告を非表示にする